一般社団法人ペアリド 英語ペアリーディング協会

トレーナー紹介

「2050年までに12万人のスーパー国際人を育成する」というペアリドのビジョンに共感し、
教えない英語®を一緒に広めている仲間をご紹介します。

Chikaさん

英語好きになる・お子様との時間が今よりも楽しくなる 秘訣をお伝えします♡

Chikaさん (静岡) | 英語教室経営

私自身は幼児から英語教室に行き、小学校中学年からは、「英語好き♡英語得意だし!」という学生生活を送り、途中で思ってもいない壁にぶつかりましたが、自己流で乗り越え、その後もずっと英語大好きで過ごしています。海外旅行も大好きで、独身時代は年2回ほど行き、海外渡航回数はなんと25回越え!
英語教室を起業し子供達に英語を教えて13年になります が、ペアリドの講座を受けた時に、初めて、自分の学生時 代の勉強方法が認められた気がした事、自分の生徒さんへの指導にもより自信が持てた事に、とても嬉しく、ペアリ ドの考えにも共感しました。
また、私自身まだまだ子育てに一喜一憂するママです。トレーナーとして精進する中で、もっと、子供達に寄り添 い、彼らの持つ可能性の芽を大切にし、イキイキと輝く国 際人になってくれたら…と親としては思っています。その 為にも、私も日々、イキイキと何事にも楽しく取り組む姿 を見せていきます。

Hirokoさん

ホストファミリーの経験から自分の考えを伝える 大切さを伝えたい

Hirokoさん(埼玉) | ホストファミリーマッチングサービス運営

我が家はホストファミリーをしているので、これまで 200人以上の外国人ゲストの受け入れをしてきました。
各国からやってくるゲストさんたちと接していく中で、「外国にはこんな風に考えている人がいるんだ!」「私の周りではこんな親子見たことない!」と思うことが多々ありました。
メキシコのサッカー少年たちが、自分の意見をはっきりと 大人に伝えている姿に驚いたこともあります。
「自分の考え」をしっかりと相手に伝えることができるゲ ストさんたちを目の当たりにして、「どうしたらこんな風に育つのかな?」と不思議でした。
ペアリドの教えない英語🄬に出会い、「どうしたらこんな風に育つのかな?」ではなく、「親である自分自身が変わること」が大切だと実感。
この、ペアリドの教えない英語🄬の考えをより多くの方に知っていただきたいと思い、トレーナーになりました。

Shinaccoさん

ホストファミリーの経験から自分の考えを伝える 大切さを伝えたい

Shinaccoさん (神奈川) | 新聞わくわくツーリズム主催

私はあたたかい両親と兄の大反抗期という両極端な経験か ら、子供時代の環境が人生に影響を及ぼすと知りました。
やらされではなく自分が感じたワクワクだけが人生をいき いきと輝かせる唯一のパワーだと実感。子どもには自分の ハートで人生を切り開いてもらいたいと接してきました。
そんなときペアリドと出会い、同じ想いが嬉しくてトレー ナーとなりました。
息子が楽しそうに知的好奇心にあふれているときは、私もワクワクしていたなあと再認識。私自身の大変だった子供時代が、温かく包まれて癒されていきました。
親御さんもお子さんも、お互いの良さを認めあい、自分らしさを伸ばしてハッピーな人生を♪ご一緒に幸せな子育て を分かち合えたら嬉しいです。

お子さんが「新聞を読むことが楽しくなっちゃう♪ 7つのヒント!」小冊子、プレゼント中
RIRIさん

国際人としての基礎作りを!

RIRIさん(埼玉) | 子どもの”やってみたい”を応援するママ社長

トレーナーになったのは4歳の息子に“国際人”として活躍 して欲しいと思ったのがキッカケでした。日本から一歩外に出れば、文化の違う広い世界が広がり、色んな価値観に 触れることができます。そんな経験をしてほしいと思ったのでした。
私自身、旅行で多少話せる程度の英語力しかありません。でも、「スーパー国際人育児法®️」を学び、英語がただ話せるだけでは“国際人”として活躍することは出来ないことを知りました。
幼少期の英語教育は、親子で二人三脚が大切になります。
ただ語学を学習するだけでなく、子どもの自己肯定感を上げ、自信を持って毎日を過ごしてもらうための声かけが幼少期にはとっても大事だと知りました。
どんな声かけがいいのか…知りたくないですか? 例え、親が英語ペラペラじゃなくても、子どもが“国際人”になるための基礎を作ってあげることができます♪
”楽しく子育てしたい“そんな親御様にもオススメです!!

Mareeさん

親子で自信を持って、自分の人生を歩む人が 増えますように

Mareeさん(奈良) | 日本国際看護師

忙しい仕事の日々の合間に、ついつい娘に色々とやらせてしまい、小学高学年の娘から嫌がられた過去があります。
ペアリドの教えない英語®と出会ってからは、親である自分がまず変わり、学ぶことが楽しくなり自信をもてるようになり、娘も自ら学習や趣味に取り組むように変わりました。もっと早く教えない英語®に出会いたかったです。親子で自信を持って、幸せに自分の人生を歩んでいける人 が増えたらいいと思い、トレーナーになりました。
私は小学校の時に、父の転勤でロサンゼルスに住んでいました。中学1年で急遽帰国、看護師として国内の大学病院18 年勤続経験があります。
外国人患者対応を任された経験や、海外で活躍する日本人や様々な国籍の方との交流を通して、私自身も医療英語学 習を楽しく継続中です。身近に医療を知ってもらうための講座を開催したり、お子さんには英語を学ぶお手伝いをしています。

”体調不良、英語でどう伝えればいい?” がわかる小冊子プレゼント中!
Akikoさん

教員経験を活かして、 ママを応援したい!

Akikoさん(富山) | 高校国語教師

大学を卒業後、教職につき、以来30数年、高校の国語の教師をしてきて、2023年3月で退職予定です。
4人の祖父母に育ててもらったひとり娘はもう社会人ですが、ペアリドに出会い、「時が戻せるなら、娘と一緒に楽しく英語に触れ合っていきたい」と思いました。
わたし自身、大学時代に素晴らしい恩師に出会い 「教科書を教えるのではなく、教科書で教える」という言葉を胸に教師になりましたが、現実は目の前の受験指 導に追われていました。
2年前からオンライン講座でコーチングも学びました。
国語教師として、のべ10000人以上の生徒と関わり、担任として、1000人以上の保護者と接してきた経験と、コーチングスキルを活かして、子育て中のママをサポートしたいと思っています。

Kyonさん

親も子も愉しんで学べる育児仲間の輪を広げたい!

Kyonさん(広島) | 福祉の専門家

私も、皆さんと同様に『教えない英語』に興味を持った母親の一人です。自分自身は洋楽に夢中になったのを機に英語が好きになり、学生時代は積極的に勉強していたのですが、英語を全く使わ なくて済む生活に埋没するうち、英語力はみるみる低下。自分がそんな状態なのに、子供には英語力をつけてほしいと願う中で、ゆっかさんの講座に出会いました。
講座を受講して、育てたいのは『英語ができる子』ではなく『国際的に通用する人間(スーパー国際人)』だったことを改めて確認。家で親子で出来る事から取り組もう、そんなふうに気持ちが楽になり、前向きになれました。スーパー国際 人育児法には共感することが多く、私も皆さんと一緒に学びながらこの育児法を普及させていただくことで、親も子も愉しんで学べる育児仲間の輪を広げたい!と思っています。
講座だけでなく、育児中の親が繋がれる仕組みがあるのも、ペアリドで学ぶ良い点です。育児のあるあるだったり、良かった映画のシェア、育児法に役立つ言葉、など同じように日々挑戦している親御さんと情報交換できる場があります。リアルな声が定期的に耳に入る環境に身を置けるので一人ではたどり着けない場所へ行くことができますよ。育児経験者として、子育て相談ができるよきパートナーとしてお役に立てることがありましたら、お声かけください。

Kyonさん

音楽を通して得た世界観から教える異色のトレーナー

Aiさん(カタール) | ピアニスト

中学から海外生活を始め、アメリカ、オーストリア、カタールとそれぞれユニークな文化を持つ国々でたくさ んの人と出会い、学んできました。 両親に守られる中かけがえのない友人に出会ったアメリカでの中高校生時代、ピアニストになる夢に向かって突進した大学時代を経て、自立し試行錯誤を重ねながら世 界の演奏家たちと共演した後、現在は家族を得て中東で ピアノを教えながら子育てをしています。これまでに 34か国からの生徒にピアノを教えてきました。 そんな中よく感じる国際人としての意識や日本人として の誇りを度々考える機会があり、ゆっか先生の活動を知り”これだ!”と思いました。
今まで気付いた事、経験したことをもとに皆さんにどうしたら世界に向けて心を開けるか、そしてどうしたら 様々な国の人達とわかり会えるかをお伝えしたいと思います。実はとても簡単な事なのです。
未来のドアを一緒に探し、開けていきましょう!

お問い合わせ

講座内容についてのお問合せ、お子様の英語学習のお悩み相談など
なんでもお気軽にお問合せください。